掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2016年)  
10018月4日高原シズ子851.5赤い斑点 死の恐怖
10028月18日小林榮子86救護被爆大村にも強烈な光
10039月1日大場清利823水を求め歩く人々
10049月15日六田正英831.6戸板の血 痛々しく
10059月29日木村正里861.8燃え落ちる様眺め
100610月13日長濱キミ子841.8恩師に救われた命
100710月27日内野ナカ911.1けがにも気付かず
100811月10日池崎善博772.8防空壕の恐怖 今も
100911月24日井手純一郎871.7やけどで友人「誰や」
101012月8日山田ミヨ子823.6動けぬ母「水ほしい」
101112月22日池田匡882.5肩寄せ合う女学生
10121月5日田栗静行785頭蓋骨の目から煙
10131月19日青山照弘702.5感覚まひ 恐怖なく
10142月2日泉勇743地球が壊れるかと
10152月16日岡崎満也943.8川が遺体の“ダム”に
10163月2日下田ミエ子854.6日没後燃え続けた町
10173月16日古藤直広872.7校庭に死体ごろごろ
10183月30日松本隆863.5心凍るような恐怖
10194月13日鶴昭男81入市被爆とっさに「総員退避」
10204月27日三田貢757.8手帳交付 川が分断


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP