掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2013年)  
8213月28日松本政勝831・1必死に歩き救護列車へ
8224月4日谷口大悟774突然の光 身を伏せる
8234月11日山田一美791・8ピカーッと強い光走る
8244月18日開田幸子82救護被爆けが人手当てに無力感
8254月25日佐々野富世833・4天が破れたと思った
8265月2日杉本典夫750・5爆音とともに景色一変
8275月9日吉村稔792・3遺体踏み申し訳なく
8285月16日荒岩英美子792死体の上 歩き壕へ
8295月23日桑原岩男833生きることに必死
8305月30日徳田勉832・3人の住む世界ではない
8316月6日高谷英二811・8一瞬の光 音は聞こえず
8326月13日町田吉雄733・3突然の光と同時に爆音
8336月20日坂井昭813・0桃色に染まった青空
8346月27日南八重子812・2皮膚はがれた兵隊さん
8357月4日石丸由夫792左半身焼けただれた母
8367月11日脇山順子762黒い雨 降るのを見た
8377月18日福崎シヅヱ842・3救援列車に迫る負傷者
838、97月26、27日岡信子841・8腹から飛び出た胎児
8408月1日浦リセさん85救護被爆負傷者励まし声掛け


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →