掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2008年)  
60110月09日網田 久江78川棚駅で救護被爆水求める声 応えられず
60210月16日牛島美知子822.5火の海の合間を走る
60310月23日本田キマコ773.6母と再会 涙止まらず
60410月30日武本 久子72入市被爆真っ黒な灰に身震い
60511月06日伊豫屋俊治76入市被爆見慣れた風景、無残に
60611月13日赤窄キミエ811.8夜の空、一晩中炎に
60711月20日山本 富子713.4「遠くに行きたい」一心
60811月27日竹平百合子771.8背後から強烈な光
60912月04日今道 昌治714.5重なる死体 鮮明に
61012月11日田中 クラ810.7昼か夜かも分からず
61112月18日中川 知昭723.3父は寝たまま白骨化
61212月25日上戸 國男773.6一変した街並みにあぜん
  (2009年)  
6131月08日岸川 潤二733.6焼け野原に言葉失う
6141月15日梅本テル子84入市被爆浦上川近くは地獄絵図
6151月22日中尾トシ子863.3飛行機音におびえ避難
6161月29日中島 玲子783.3水飲ませられず後悔
6172月05日鳥巣千榮子833.2家族励まし続けた母
6182月19日佐藤正義811.2地球に何か異変が?
6192月26日山岡 光子74入市被爆焼け野原の街にがくぜん
6203月05日森永 正人811.2「助けて」の声 今も耳に


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →