掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2008年)  
5815月22日片山  格734暗闇の中に火の粉舞う
5825月29日大塚 和平761瀕死の同級生と一晩
5836月05日三田 良一781.2地獄を見ているよう
5846月12日六倉  武80入市被爆元気な弟の姿に安堵
5856月19日長門  充721.2街覆う炎、一晩中続き
5866月26日門 フジ子841.5死体から目背け父捜す
5877月03日脇浜  渉761.8水一滴も飲ませられず
5887月10日土橋 信子802.8やせ細る母 看病むなしく
5897月17日田ア由美子771.6爆発音恐怖で眠れず
5907月24日志方 多子863遺体の山 地獄と錯覚
5917月31日永尾 洋一752.1夜通し燃え続けたまち
5928月07日原田 三男783.7地獄絵見ているよう
5938月14日中道 義若78救護被爆救護に見た「地獄絵図」
5948月21日石川 黎子703.4ピンクの空 鮮明に
5958月28日松尾  孝727.5空に白く燃える玉
5969月04日八木 道子693.3においと泣き声今も
5979月11日荒木 笑子831遺体を乗り越え歩く
5989月18日吉田 正子703.2大八車から人の足が
5999月25日広瀬  豊78入市被爆顔が焼け焦げた同僚
60010月02日三瀬清一朗733.6真っ赤な太陽 不気味に


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →