掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2001年)  
2618月30日松野 隆子793.3死体山積み 懸命に供養
2629月06日岩本シゲ子721.1焼け野原を歩き続け
2639月13日山口 麗子711.1道に無数の黒焦げ遺体
2649月25日松尾マツエ733.3母と妹、弟も次々に
2659月27日西村 勇夫681.4梁に挟まれた母 救出
26610月05日八坂 末夫76入市被爆つり革握ったままの死体
26710月18日渡邊すが子67入市被爆「だれも おらんとよ」と兄
26810月26日相川 綾子77入市被爆母の遺体を包む炎
26911月02日白木千代子742.5大破した木造校舎
27011月08日後田吾一郎703.2忘れられぬ水飲む姿
27111月15日長山  敏680.9恐ろしい夢で眠れず
27211月29日田中 正行83入市被爆眼前の荒野信じ難く
27312月06日中村 由一591.2差別への怒りでいっぱい
27412月13日浦  清人772.4目に焼き付く「火の海」
27512月19日毎熊  茂77二次被爆救援活動で惨状に直面
27612月27日山川サミエ73二次被爆人の死を初めて直視
  (2002年)  
2771月10日山村 繁雄733布団ごと飛ばされた
2781月17日山田ハルコ802.5人生変わったあの一瞬
2791月24日石田美智子761.8まさに生き地獄の光景
2801月31日浅野 茂義724至る所に黒焦げの遺体


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →