掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (1996年)  
12月01日柿本 直人661.3父の遺体の軽さに涙
22月08日恒成 正敏671.4手を差し伸べられず…
32月15日尾畑 正勝771.5青白いせん光、音に驚く
42月23日白倉 サク881.8他人を助ける余裕なく
52月29日中川 哲雄661.8あまりの光景、心が凍る
63月07日吉山 秀子721さまよい歩いた3日間
73月14日堂尾みね子661.3菜の花畑の幻覚見る
83月28日内野 愛子643.5幾度も死線さまよう
94月04日アヤコ・ヘイゲル751.6鼓膜破れ ぶら下がる皮膚
104月11日三根美津恵733黒焦げの死体が散乱
114月19日浦 瑞枝763恐ろしく一睡もできず
124月25日宮崎トミホ700.7山頂目指し地獄の行列
135月02日浜田 正輝844義父は不明のまま
145月09日村田 昇640.5おびただしい数の死体
155月16日小嶺千鶴子663.3兵器製作所で友を捜す
165月23日小山 正志804クラスの半分 姿見せず
175月31日金  順吉736苦しがる仲間の徴用工
186月06日森浜  進62時津町強烈なせん光と爆風
196月13日松本キヨ子734.5妹を必死で捜し回る
206月20日吉山 裕子701崩れた壁の下敷きに


   長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →