長崎新聞


     ●お知らせ   ●文化ホール   ●HOME



[長崎新聞社]

■商 号
 株式会社 長崎新聞社(英語=NAGASAKISHIMBUNSHA)


■沿 革
 明治22(1889)年9月5日、「長崎新報」の題号で創刊した。同44年に長崎日日新聞と改題。
原爆投下による社屋焼失など幾多の苦難を乗り越え、昭和34年に長崎民友新聞と合併して長崎新聞と改題。
 同43年には長崎時事新聞と合併し、名実ともに長崎県唯一の県紙となった。 長崎市出島町の国指定史跡出島和蘭商館跡にあった社屋は史跡復元事業に協力して同55年11月、同市茂里町の現在地に移転。
 平成元年に創刊100周年を迎えた。同5年、輪転機を2セットに増設、昭和34年以来の夕刊発行を6月から休刊し朝刊を充実させて新生長崎新聞としてスタートを切った。
 新聞制作には電子編集システム、高速輪転機を駆使。また技術革新に伴い、最新の次世代システムに移行している。
 タブロイド版24ページの新しい生活情報誌「とっとって」(長崎の方言で保存しておいての意)も好評だ。

■本社所在地
 〒852-8601 長崎市茂里町3-1 TEL(095)844-2111(代)


■創  刊
 明治22年9月5日


■資本金
 3億5,000万円


■代表者
 代表取締役社長 才木 邦夫


■従業員
 228人(男173人、女55人) 平成29年4月現在


■年 商
 約58億円(平成28年9月期)


■発行部数
 約18万部(平成28年10月現在)


■構 成
 役員、論説委員会、編集局、営業局、販売局、経営企画室、総務局


■支 社
東京支社 〒104-0061 東京都中央区銀座8-9-16
長崎センタービル7F
TEL(03)3571-4727(代)
FAX(03)3571-4524
大阪支社 〒530-0003 大阪市北区堂島1-1-5
ザイマックス梅田新道ビル10F
TEL(06)6341-2021(代)
FAX(06)6341-2022
福岡支社 〒810-0004 福岡市中央区渡辺通4-9-18
福岡酒販ビル5F
TEL(092)713-1407(代)
FAX(092)713-1408
佐世保支社 〒857-0051 佐世保市浜田町2-28 TEL(0956)22-2181(代)
FAX(0956)22-9134

■支 局
諌早支局 〒854-0006 諌早市天満町
22-13
TEL(0957)22-0118
FAX(0957)22-4297
大村支局 〒856-0826 大村市東三城町
11-3
TEL(0957)52-3420
FAX(0957)53-5880
島原支局 〒855-0046 島原市今川町
1862−12
TEL(0957)62-4337
FAX(0957)62-6681
五島支局 〒853-0004 五島市幸町
1-15
TEL(0959)72-2226
FAX(0959)72-4300
平戸支局 〒859-5153 平戸市戸石川町
字比丘尼橋491-7
TEL(0950)22-2667
FAX(0950)22-4585
松浦・江迎支局 〒859-4502 松浦市志佐町
里免319-1
TEL(0956)72-0539
FAX(0956)72-0724
南島原支局 〒859-2503 南島原市口之津町
丁5611―5
TEL(0957)86-3104
FAX(0957)86-4765
雲仙支局 〒854-0515 雲仙市小浜町
北野1081-6
TEL(0957)74-2043
FAX(0957)74-2168
東彼支局 〒859-3614 東彼杵郡川棚町
中組郷1503-2
TEL(0956)82-5000
FAX(0956)82-4252
西海支局 〒857-2302 西海市大瀬戸町
瀬戸樫浦郷2278-4
TEL(0959)22-0352
FAX(0959)22-0895
上五島支局 〒857-4211 南松浦郡新上五島町
有川郷463-3
TEL(0959)42-0324
FAX(0959)42-2507
対馬支局 〒817-0022 対馬市厳原町
国分1377番地1
TEL(0920)52-0859
FAX(0920)52-5075
西彼中央支局 〒851-2107 西彼杵郡時津町
久留里郷字新開1439-55
TEL(095)882-7681
FAX(095)882-7682
壱岐支局 〒811-5114 壱岐市郷ノ浦町柳田触195-3
TEL(0920)47-0506
FAX(0920)47-0506

■関連会社
 (株)長崎新聞文化ホール
 800人収容の大ホールと5つの中小ホールで講演会、展示会、結婚式、立食パーティーなどが毎日行われています。カルチャー教室は現在44講座で、約千人が趣味、教養を求め受講中。長崎書道会は全国にも高い評価を得、会員は年々増え、2万5千人に上ります。1階には喫茶ルームと美術展示室もあります。

 (株)アド長崎新聞
 長崎新聞の新聞広告を主体とする広告代理店業務やフリーペーパーの編集制作などを担当する新会社として発足しました。事務所は本社7階に開設しています。フリーペーパー「とっとって」は毎週日曜に発行。地域の生活情報紙として関心を集めています。

 (株)長崎新聞サービスセンター
 本社屋上にあるヘリポートの管理運営、本社ビル全体の保守管理、警備、受け付け、清掃業務などを行っています。ヘリポートは県内唯一の公共ビルポートで、報道取材、緊急、防災活動に幅広く利用されています。

 (株)長崎新聞開発センター
 162の販売センターと一体となり、新聞の普及活動を実施しています。また、諌早市に直営の販売センターを1店舗保有し、アンテナショップの役割を果たしています。

 (株)長崎新聞折込センター
 折り込み込みチラシは企業や商店の活動に欠くことができない販促媒体です。また、読者にとっても大切な情報源のひとつでもあります。長崎新聞折込センターは、その橋渡し役としてみなさんのくらしをサポートします。

 (株)長崎新聞印刷センター
新聞などで印刷物の受託印刷を担っています。紙面印刷のクオリティーの向上と円滑な発行・発送のため高速輪転機の安全操業に努めています。