小児病院攻撃でロシア反論 安保理会合、非難相次ぐ

2024/07/10 [06:40] 公開

ロシアの攻撃で破壊されたウクライナ・キーウの小児病院。建物の大半の窓ガラスが割れていた=9日(共同)

ロシアの攻撃で破壊されたウクライナ・キーウの小児病院。建物の大半の窓ガラスが割れていた=9日(共同)

大きい写真を見る

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は9日、ウクライナ首都キーウの小児病院へのミサイル攻撃を協議する緊急会合を開いた。ウクライナや日米英などがロシアを相次いで非難する中、ロシアのネベンジャ国連大使は「ウクライナの防空ミサイルによるものだ」と反論。ロシアに責任を押し付ける「プロパガンダだ」と主張した。

 小児病院の医師もオンラインで参加し、負傷した子どもたちと泣き叫びながら必死で逃げたと振り返った。

 ネベンジャ氏は、小児病院から2キロ離れた軍事産業施設への攻撃は認めた上で「もしロシアの攻撃だったら病院にいた子どもは全て、大人もほとんどが殺されていただろう」と語った。