立体映像とAIで被爆証言 次世代に“生の声”残す 長崎・追悼平和祈念館

2020/07/04 [15:00] 公開

山脇さんの立体映像(右上)を通して戦争・被爆体験を聞く児童ら=2月21日、東京都内のスタジオ(国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館の試作DVDから)

 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(長崎市平野町)は、被爆者の動く立体映像と音声、人工知能(AI)機能を組み合わせることで、利用者が被爆証言を聞き、質疑応答もできる新しい取り組みを構想している。被爆者... 続きを読む >