[長崎新聞社の本]




〔長崎新聞新書004〕
オラショ―魂の通奏低音 カクレキリシタン
文化が融け合うかたち
長崎県内にいまも残るカクレキリシタンの信仰の姿は、
グローバリズムにおける日本人の現代的なテーマでもある。

著者:宮崎賢太郎
体裁:新書判、296ページ
定価:本体1,143円+税
ISBN978-4-931493-40-8

 日本の伝統的な宗教風土のなかで年月をかけて熟成され、人々の信仰生活に溶け込んだカクレキリシタン信仰とは?
 長崎県内に今も残るカクレキリシタン信仰の姿に迫る。




戻る

■お買い求め、ご注文はお近くの書店、長崎新聞販売センターへ。
■県外の方で直接小社にご注文される場合は、書名、冊数と住所、氏名、電話番号を明記のうえ、電話、ファクス、Eメールでお知らせください。送料実費でお送りいたします。*前払い制です
■万一、落丁・乱丁本がありましたら、お取替えいたします。
長崎新聞出版室 TEL095-844-5469 FAX095-848-4856
E-mail:shuppan@nagasaki-np.co.jp