長崎新聞社の本
新刊案内
・闇を照らす


長崎市の男児誘拐殺害、佐世保市で発生した小6女児同級生殺害、高1女子同級生殺害をはじめ、全国の少年事件の深層と、その後を追った長崎新聞連載を単行本化。子どもたちを守るために、大人は何をすればいいのか。
精神医学、小児医学、臨床心理学、教育学の専門家が男児誘拐殺害事件を検証した報告書も全文収録。


著者:長崎新聞社報道部少年事件取材班
体裁:四六判、325ページ
定価:1,600円+税
ISBN 978-4-86650-001-0


・静かな隣人


祖父が「8月9日」を語らなかった理由は何だったのか。
「命」をテーマとする四つの短編小説。表題作のほか、妻の流産、兄の死、視覚障害をもつ妹との心の交流などを通じ、それぞれの家族による生命の連帯を暗示する三作品を収録。


編 著:寺井順一
体 裁:四六判、238ページ
定 価:1,300円+税
ISBN 978-4-86650-000-3


・「創る×まち 育てる×ひと」 地域創造と大学


長崎県立大学の副学長が中心となり、地域創生(まちづくり)をテーマにまとめた本。平戸市長、佐世保四ヶ町商店街をはじめ、波佐見、対馬、大村、新上五島などでまちづくりに取り組む人たちによる活動報告や、県立大の教員陣の地域活性化をめぐる論文などを掲載する。


編 著:長崎県立大学編集委員会
体 裁:A5判、280ページ
定 価:1,600円+税
ISBN 978-4-904561-99-7



・映画を読む


スクリーンの世界に魅了され映画を愛し続けてきた著者が、長崎新聞の「うず潮」に掲載されたコラムなどをまとめた本。映画が「娯楽の王様」と言われた黄金期を知るだけに、数々の作品へのあふれるほどの思いがきっしり詰まった一冊。


著 者:平山進
体 裁:四六判、300ページ
定 価:1,600円+税
ISBN 978-4-904561-98-0



・長崎まち歩きガイド13年


長崎市のまち歩きガイドを13年にわたり務めている著者が、案内の途中で観光客らとともに接した出来事、光景、そして思いなどについて“つぶやいた”プチエッセイ集。


著 者:田中威
体 裁:B6判、119ページ
定 価:741円+税
ISBN 978-4-904561-97-3





好評発売中
・信の一筆4


長崎新聞一面の名物コラム「水や空」を執筆していた元論説委員長、高橋信雄氏の待望のコラム集第4弾。前作刊行後の2013年4月から2016年3月末の退職までに掲載された中から250編を収録している。豊かな取材経験と識見に支えられた時代を見る目は、未来へのヒントを与えてくれるに違いない。


著 者:高橋信雄
体 裁:B6判、369ページ
定 価:1,000円+税
ISBN 978-4-904561-96-6



・ナイショナイショ


おっちょこちょい、でも心根はやさしい女性あきの「ここだけのナイショ」的な失敗談やエピソード、日常のほっこりとした出来事を描いた四こまマンガ。長崎新聞の生活情報紙「とっとって」で創刊当時から連載中の作品が待望の単行本に。


著 者:戸川あき
体 裁:A5判、152ページ、オールカラー
定 価:1,200円+税
ISBN 978-4-904561-93-5



・長崎県の橋


入り組んだ海岸線、数多くの離島、半島、そして国際交流の歴史の豊かさといった特徴を持つ長崎県だけに、架かっている橋も多種多様。石橋、鉄橋、鉄筋コンクリート橋の3種類の橋の「歴史的源流の地」とされる長崎県の60の橋を、橋への思い入れの深い長崎橋梁研究会の2人が紹介している。


著 者:長崎橋梁研究会
体 裁:B5変形、96ページ
定 価:1,389円+税
ISBN 978-4-904561-92-8



・新長崎市史普及版 わかる!和華蘭(重版)


写真・絵図約570点を使い、コンパクトでビジュアルな編集に。
子どもからお年寄りまで楽しく読める長崎市の歴史の入門書。
自然・先史・古代から現代までをやさしく、わかりやすくまとめた一冊。


監 修:長崎市史編さん委員会
体 裁:B5判、265ページ
定 価:1300円+税
ISBN 978-4-904561-95-9





既刊案内
長崎新聞新書シリーズ くらし・レジャー

軍艦島の遺産 風化する近代日本の象徴

松尾あつゆき日記

上海メンタルクライシス

「福島原発事故」 内部被ばくの真実

ちゃんぽんと長崎華僑

壱岐焼酎

明治期長崎のキリスト教

アカの他人とマイホーム

大村湾

感性の絵巻 仲町貞子

高校生一万人署名活動

草莽のヒーロー

カクレキリシタン

木霊の宿る空間



長崎県の海釣り

山を歩こう 増補改訂版

健康になる山歩き 九州版

長崎料理 百花繚乱ふるさとの味

長崎料理歳時記

歴史・文化・社会 自然科学

五島のクジラとり物語

小曽根乾堂 謎解きの旅

「焼き場に立つ少年」は何処へ

回想 本島等

原子野のトラウマ

居場所を探して〜累犯障害者たち

宮川雅一の郷土史岡目八目

長ア一朗の就活のコツ!

ながさき人紀行3

長崎県近代化遺産めぐり 夢の遺産 石炭・造船・防衛

拓かれた五島史

まちづくりを考える 一周遅れのトップランナー

トーマス・グラバーと倉場富三郎

本島等の思想

原爆と防空壕

評伝・岩崎弥太郎

論語絵本

英和対訳 三浦按針11通の手紙

龍馬と弥太郎 長崎風雲録

今伝えたい 被爆者の心

三菱長崎技術学校の造船マン

“暴れ川”本明川 諫早の母なる川の物語

長崎のりもの史

高校生平和大使

長崎昭和レトロ冩眞館

歌で巡る長崎

林京子 人と文学

ロータリーの森を歩く

ピース! PEACE!



長崎県植物誌

長崎県レッドデータブック2011

長崎県の哺乳類

大村湾再発見ガイドブック

花、誘う ながさき 長崎県野の花百選

エッセー・詩集・創作・画集

丘に立つ

君のむこうを過ぎてゆく雨

信の一筆3

夜明けのオーパス・ワン

「村嶋寿深子とその時代」ドキュメンタリー

長崎出島四大事件 長崎奉行との緊迫の対決

祈る人 〜隠れキリシタンの娘

僕の子ども絵日記

ただもくもくと

《創作集》あの日 鬼になった

平和コラム 信の一筆 2

ふるさと長崎133景

信の一筆





■お買い求め、ご注文はお近くの書店、長崎新聞販売センターへ。
■直接小社にご注文される場合は、書名、冊数と住所、氏名、電話番号を明記のうえ、電話、ファクス、Eメールでお知らせください。送料実費でお送りいたします。
■万一、落丁・乱丁本がありましたら、お取替えいたします。
長崎新聞出版室 TEL095-844-5469 FAX095-848-4856
E-mail:shuppan@nagasaki-np.co.jp