長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

青雲学園

理事長

小田 信彦

青雲学園小田 信彦

所在地 西彼杵郡時津町左底郷245‐2

電話 (095)882‐0678

青雲学園

理事長

小田 信彦

世界で活躍できる人材育成を

 1975年の開学以来、卒業生の3割が東京大と国公立大医学部へ進みました。毎年100人を超える生徒が医学部に進学。医者を志す生徒が多いのが青雲学園の特徴です。同時に年々グローバル化する世の中にあって、世界で活躍できるような人材をこれまで以上に育成していきたいと考えます。

 志を立てるということは、さまざまなものに触れ、興味を持ちながら、自分のやりたいことを見つけていくことです。中高生のころが一番大事な時期となります。自分が好きなものでなくては一生懸命にはなれません。目指すものをできるだけ早く見つけ、目標に向かって努力してほしいと思います。

 勉強はあくまでそのための手段にすぎません。勉強をするために青雲に来るのではなく、世の中に出て何をしたいのかを見つけるために来てほしいと思います。志を立てた後は勉強も必要ですし、体も丈夫でなければならない。寮生活などを通して、友達と仲良く過ごすことも大切でしょう。

 青雲の建学の精神は「知・徳・体の調和の取れた全人教育」です。勉強だけでなく体力づくりにも力を入れています。冬場の体育は坂道のある学校周囲をひたすら走ります。「青雲で一番良かったのは体力を付けてもらえたこと」と話す卒業生もいるほど、体が丈夫でないと世の中で活躍できません。

 2020年度からの教育改革には、自分で考える力を今まで以上に磨いていけるようなカリキュラムを組み、アクティブラーニングを授業の中で展開。迅速かつ適切に対応するため、必要な投資は積極的に、それに向けた職員の意識改革も徹底していきます。

 

◎出身校/佐世保北高、東京大学法学部

◎好きな作家と本/本は乱読。どんなジャンルでも。昔はSFが好きだった

◎リフレッシュ法/ゴルフ、映画