長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

原総合法律事務所

所長

原 章夫

原総合法律事務所原 章夫

所在地 長崎市万才町8-22長崎朝日ビル6階

電話 (095)820-2500

原総合法律事務所

所長

原 章夫

伝統が支える新しい法律事務所

 原総合法律事務所は、設立から27年を迎える、長崎でも歴史のある事務所となりました。

 原総合法律事務所では、とかくハードルが高いといわれる弁護士に気軽に相談できるように、いくつもの新しいサービスに取り組んできました。例えば、どこに相談すればいいか分からない方のお問い合わせに対応する「お困りごと案内ダイヤル(095―820―1234)」を運営し、弁護士を含む11の専門家につなぐ仕組みを作りました。また、最近、その役割が知られてきた交通事故の被害者側弁護士として、以前から「交通事故案内ダイヤル(095―820―1500)」という専門の受付窓口を設けてきました。相続や遺言についても「相続・遺産案内ダイヤル(095―820―0800)」という専門の受付窓口があります。「お困りごと案内ダイヤル」を運営する「ネットワークながさき」、九州各県の協力弁護士をつなぐ「ネットワーク九州」、全国の提携弁護士で使える「全国無料相談券」なども、原総合法律事務所が呼びかけたものです。

 さらに、昨年は、医師の皆さんにパネラーや講師としてお話しをする機会が増えました。主に患者側で活動してきたのですが、医療の安全という共通の目的のために協働できればと考えています。

 このような取組みの積み重ねで、原総合法律事務所も市民の皆さんに広く知られるようになり、弁護士とつながりのない多くの方の相談を受けるようになりました。

 2019年も、市民の身近な相談窓口となるよう、原総合法律事務所のサービスを充実させていこうと考えています。

 

◎出身校/京都大学

◎好きな作家と本/村上龍

◎リフレッシュ法/料理