長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

生活協同組合ララコープ

理事長

石原 茂

生活協同組合ララコープ石原 茂

所在地 西彼杵郡長与町岡郷1474

電話 (095)887-0300

生活協同組合ララコープ

理事長

石原 茂

あらたなスタート

 昨年はララコープ創立20周年と中期3カ年計画の初年度という節目の年でしたが、県内21万世帯の組合員やお取引先様など関係する多くの皆様のご協力をいただき、大いに盛り上がりを見せた1年であったことに、あらためて感謝を申し上げます。

 今年は新たなスタートとして、まずはしっかり年間事業計画を達成すると同時に、食の安全安心の取り組みを柱に、2020年のNPT(核不拡散防止条約)再検討会議に被爆地・長崎の生協として組合員を派遣するなど平和活動への参加、環境問題、子どもの貧困問題(フードバンク、フードドライブ)についても積極的に推進していきたいと考えています。

 昨今、大規模災害の発生頻度が高くなっています。被災地の支援活動にも募金活動やボランティア派遣、炊き出し支援などララコープとしてできる限り被災地の皆さんに寄り添った活動を継続して参ります。3月には今年で5回目となりますが、東日本大震災の被災地「福島」の子供たちを3泊4日で長崎へ招待して、自然の中でのびのびとすごしてもらう予定です。

 また、新生児が誕生されたご家族を応援させていただく「はじめてばこ」プロジェクトも3年目の取り組みとして広げ、充実したものに育てて参ります。

 消費税の増税の対応では価格の表示方法やレジなどのシステム変更、軽減税率への対応など内部教育も早急に進めます。組合員、消費者の皆様が利用しやすく、安全安心な品ぞろえやサービスの充実した店作りも進めて参ります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

◎出身校/長崎東高、専修大学

◎好きな作家と本/池井戸潤

◎リフレッシュ法/ゴルフ