長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

ヤベホーム

代表取締役

矢部 福徳

ヤベホーム矢部 福徳

所在地 諫早市永昌町4-36

電話 (0957)25-3188

ヤベホーム

代表取締役

矢部 福徳

人も地球も健康長寿な住まいづくり

 地域の特色を生かした先進的な農林業を展開している人に贈られる「ながさき農林業大賞」の特別賞に2018年度選ばれました。住宅業界では初の受賞で、農林業とあまり結び付きがないと思われるかもしれませんが、林業の発展を目指し、県産材の利用促進に力を入れています。

 一昨年には、当社など県内工務店5社が、一戸建て住宅の新築・リフォームで県産木材の利用とPRをする「ながさ木住まいの会」を発足しました。自然素材にこだわって住む人の健康を考え、地元の工務店に家を建ててもらい、地域経済全体の活力にもつなげることが目的です。

 会では、年間120棟程度を新築。それぞれ土台部分に、目詰まりが良く、シロアリに強い対馬ヒノキを使うなどしています。

 昨年は、県内初の県産材住宅団地「いさはや御館(みたち)の丘」28区画を建設。11月には〝まち開き〟となる「ながさ木家づくりフェスタ」があり、2日間で約800人が来場するなど、大盛況でした。

 「ヤベホームの森 カーボン・オフセット森林ツアー」は今年も継続して行います。ヒノキ苗の植樹や伐倒体験などを通じ、地球温暖化防止や自然環境を楽しく学ぶバスツアーです。また今年から、当社が建築するZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅の建築工程で排出されるCO2をオフセットする「環境貢献型住宅」の販売を強化します。

 長崎の森林を守り「人も地球も健康長寿な住まいづくり」に引き続き尽力してまいります。

 

◎出身校/小浜高

◎好きな作家と本/松下幸之助「素直な心になるために」

◎リフレッシュ法/ゴルフ