長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

アドミン

代表取締役

山口 知宏

アドミン山口 知宏

所在地 長崎市出島町1-43 ながさき出島インキュベータ408号室

電話 (095)800-2027

アドミン

代表取締役

山口 知宏

ステップアップへ施策着々

 今年3月で創業10周年を迎えます。これまで取り組んだシステム開発やウェブサイト制作、ITインフラ事業、情報教育事業などのノウハウを集大成。より競争力のあるパッケージを世に送り出したいと決意を新たにしています。

 ステップアップを目指して、全国展開を推し進めます。すでに首都圏から地方への業務発注(ニアショア)の獲得にも力を入れていますが、今年以降は各地に順次営業所を設ける方針です。納品後のメンテナンスは長崎にいながらでも可能ですが、受注増のチャンスなども含めて考えれば、拠点は多い方が機動力が増します。小回りが利くのがベンチャーの強み。IT業界は全国的に人手不足と言われているので、県外に打って出るタイミングは今だと思っています。

 そのために、採用活動も計画的に実施。5年ほどかけて従業員100人規模が目標です。ITの世界は日進月歩。何より顧客の要望をくみ取れなければ良いシステムはつくれませんので、専門性や経験も大切ですが、コミュニケーション能力も重要視していきます。

 一方で、人も拠点も増えればランニングコストは増します。しかし将来のために、売り上げを伸ばして企業としての基礎体力を付けるには、人材という“宝物”へ前向きな投資が必要です。基礎体力が付けば、本拠地長崎でもっと地域貢献ができる―。そんな好循環を生み出したいです。

 直近では大学と高齢者向けサポートロボット開発で連携。ほかに準備を進めているプロジェクトもあります。地元企業として前進あるのみ。更なる一手に「乞うご期待」という気持ちで頑張ります。

 

◎出身校/長崎コンピュータ専門学校

◎好きな作家と本/板垣恵介 漫画「グラップラー刃牙(ばき)」

◎リフレッシュ法/サウナ(港洋館みなとサウナ)