長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

長崎県JAグループ

中央会会長

山中 勝義

長崎県JAグループ山中 勝義

所在地 長崎市出島町1-20

電話 (095)820-2000

長崎県JAグループ

中央会会長

山中 勝義

全国トップクラスの産地目指す

 県JAグループは七つの単位JAを起点に県域、全国域に広がる組織力が強みです。単位JAそれぞれに農産物ごとの生産部会があり、その強固な共同販売体制によって県内JAの農産物販売高は約900億円となっています。

 引き続き、地域農業の生産振興と販売・流通対策を強化し、組合員の経営安定を図ることで、これを1千億円に引き上げようとしています。目標を達成できるかは担い手の確保にかかっています。就農人口が減り続ける中、生産者の子息はもちろん、JA出資型農業法人や外国人材の力も必要です。

 昨年は猛暑や台風に苦しみましたが、今年は設備投資の効果がかなり表れてくると期待しています。選果施設や製氷機、冷凍庫は品質や生産量の向上、農家の労力軽減につながります。

 もともと本県には全国に誇れる農産物が数多くあります。2012年には、5年に一度の全国和牛能力共進会・肉牛の部で「長崎和牛」が日本一になりました。また16年度の農林水産祭で天皇杯(園芸部門)に輝いた温州ミカン、高品質の園芸作物などが数多くあり、ブランド化やトップクラスの産地づくりを進めていきます。

 JAグループは組合員だけでなく、地域の皆さまにも貯金や貸し出し、共済、Aコープでの生活必需品の販売など総合事業を行っています。より多くの方々にこれらのサービスを安心してご利用いただけるよう健全経営に努め、事業全体の質や満足度をさらに高めます。安全・安心でおいしい農産物を安定して提供するのと合わせて、これまで以上に地域活性化に貢献します。

 

◎出身校/福岡大学経済学部

◎好きな作家と本/ジャンルを問わず毎週1冊のペースで

◎リフレッシュ法/空気のきれいな所を散策