長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

セキスイハイム九州

長崎支店長

川原 健一

セキスイハイム九州川原 健一

所在地 長崎市元船町14-10橋本商会ビル

電話 (095)826-0816

セキスイハイム九州

長崎支店長

川原 健一

「新しい生活様式」対応の安心・快適な住宅を

 積水化学工業の住宅部門として、セキスイハイムの販売から施工・アフターサービスまでを担っています。県内では4カ所にモデルハウスを設け、長崎市のみなと坂などで宅地分譲や建売住宅販売を展開しています。
 自然災害の激甚化、新型コロナウイルスのまん延などで、暮らしと住まいの在り方は大きく変わってきています。住宅業界においても、大切な命や財産を守る為、地震や台風等の災害への対応力を高めた「レジリエンス住宅」が急速に関心を集めています。また、コロナ禍の「新しい生活様式」によりテレワークやステイホームの増加に伴い、家で過ごす時間をより豊かにすることも大切です。
 「地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいの提供」という事業理念を基に、新しい住まいを形にしたのが、IoTを駆使した「レジリエンス100・STAY&WORKモデル」です。特長の一例を挙げますと、住まいの電気をコントロールする「HEMS(ヘムス)」を進化させ、お住まいの地域に気象警報が発令されると蓄電池への充電を自動的に開始する機能を導入。停電時には、自動で普段通りの暮らしを続けることができます。HEMS連動による照明・空調の音声制御や電気自動車との電力エネルギー共有等、安心・快適な暮らしが更に進化しています。
 こうした最新機能を体感できるモデルハウスの九州第1号が昨年9月に、NBCハウジング時津内にオープンしましたので是非ご来場下さい。本年も安心で快適な住まいの提供を通じ、県民の皆さまのお役に立ちたいと考えています。

 

出身校/同志社大学経済学部

好きな言葉/ありがとう
感謝と気配りを心掛けています。

健康法/1日1万歩
散策も兼ねて、ルートを変えて徒歩通勤しています。