長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

タウラボ

代表取締役

田浦 健吾

タウラボ田浦 健吾

所在地 諫早市多良見町化屋714-4

電話 (0957)46-3410

タウラボ

代表取締役

田浦 健吾

デジタル戦略で中小企業に光を

 「ウェブが楽しいと、ビジネスが楽しい!」を事業コンセプトに、動画・ウェブ広告といったデジタルブランド戦略をワンストップで立案します。ユーチューバーやインスタグラマーといったネット上で大きな影響力を持つ「インフルエンサー」と連携し、企業の認知度を高めるための提案力は県内トップレベルと自負しています。
 新型コロナウイルス禍を受けて、「ウェブ販路を拡大したい」という問い合わせが増えています。しかし、デジタル対応をすればすぐに売り上げに直結する、といった単純なものではありません。顧客とのコミュニケーションや流通方法など、従来とは全く異なった対応や手法が求められます。実はその〝準備〟が整っていない企業は非常に多い。現状を見極め、時には準備の段階からサポートできるのも、多くの成功事例を蓄積してきた私たちの強みでもあります。
 デジタル化を通じて業績を伸ばしている企業には特徴があります。まず、社内体制を整え、継続的、戦略的に発信し、効果まで含めてしっかりと数値化していること。そして、何よりも、情報発信を楽しんでいることです。ウェブ戦略を立案し、お客さまが自走できるまで支援する。「ホームページを作れば終わり」ではないのです。
 長崎、東京、愛知、岐阜、ミャンマーといった国内外のスペシャリストで体制を構築しています。最高の人材を集め、企業の力を引き出すことが最大の目的だからです。今年の目標は「ウェブ戦略の鎧で、中小企業100社を救う」―。最も広く、深く提案できるウェブパートナーとして県内企業に光を当てていきたいと思います。

 

出身校/長崎日大高校、日本大学芸術学部

好きな言葉/正しさよりも明るさ
場の雰囲気をがらりと変えることができる「明るさ」は仕事をする上で一番大事。

健康法/筋トレ、整骨院通い
長時間、パソコンと向き合う仕事なので体力維持と、体のメンテナンスのため。