長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

九州ワーク

代表取締役社長

納所 佳民

九州ワーク納所 佳民

所在地 佐世保市卸本町21-1

電話 (0956)26-1880

九州ワーク

代表取締役社長

納所 佳民

ブランド力強化し差別化図る

 父が1968年に創業し、今年で53年目を迎えます。職場ユニフォームや作業用品、安全保護具などを販売。「クロスワーカー」をはじめ、女性向けの「ラブズワーカー」、刺しゅうやプリントができる「ユニラボ」の三つのブランドを展開しています。
 この10年はクロスワーカーのブランド力向上に専念してきました。昨年11月には諫早市貝津町に10店目となる「諫早インターチェンジ店」をオープン。外観もレベルアップし、刺しゅうやプリントがその場でできる加工施設も併設しました。お客さまからお喜びの声をいただいています。
 今後強化していきたいのはラブズワーカーです。現在はクロスワーカーの大塔店と伊万里店にコーナーを設けています。働く女性は増えていますが、女性向けのユニフォームはあまり多くありません。積極的に入荷し、いずれはラブズワーカーに特化した店を出したいと思っています。
 昨年は商品紹介サイト「ワークオン」を開設しました。チラシやテレビCMにQRコードを付け、サイトにアクセスできるようになっています。何を売っているのかをお客さまに伝えていくためです。良質な商品を取りそろえていることをアピールし、他社との差別化を図っていきます。
 昨年5月に、佐賀県で職場ユニフォーム販売を手掛ける「サガユニホーム」を子会社化しました。店舗を広げていき、目標の「日本一」に向けてまい進していきます。正しい商売をしていけば、お客さまは付いてきてくれるはずです。「安心、安全、衛生、健康」をキーワードに、働く人を支え続けます。

 

出身校/久留米大学商学部経済学科

好きな言葉/情熱
落ち込んだときこそ情熱を燃やして頑張っている。

健康法/おいしいものを食べる
おいしいものをバランス良く食べるのが大事だと思う。