長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

扇精光ソリューションズ

代表取締役社長

濵口 晴樹

扇精光ソリューションズ濵口 晴樹

所在地 長崎市田中町585-5

電話 (095)839-2111

扇精光ソリューションズ

代表取締役社長

濵口 晴樹

ITとチーム力で地域貢献

 1958年に扇測量器店として創業、63年に株式会社となり、その後、OA機器なども扱うようになり、2014年に分社化。総合IT企業として、県内外の官公庁や教育現場、民間企業にIT機器を販売、業務システム開発や運用支援、保守サポートまでワンストップで対応できるのが強みです。
 自治体への契約管理システム導入では、入札などの事務処理が省力化でき、公平性が保てます。位置情報(GNSS)を使ってバスやトラックなどの移動体の管理、河川やダムの水位をセンサーやカメラを使って測定し、防災につなげるシステムも提供しています。
 「ITとチーム力で活気ある社会づくりに貢献しよう」が今年度の当社のスローガン。「withコロナ」、非接触が求められる中で、テレワークやウェブ会議などを実施、ネットワークセキュリティの確保など、我々自身が先んじて体験、経験したことをお客さまへの提案に生かしています。AI、5G、IoT、RPA、ICTなど最先端技術は日々進化。大切なのは、お客さまの安心、安全、便利につながるよう私たちが持っている技術を組み合わせ、応用しながら費用対効果を上げることです。
 当社は人づくりに力を注いでいます。社員が社会に認められて信用、信頼されることで企業が発展するからです。在宅勤務でもきちんと評価する仕組みも必要。年齢、性別関係なく活躍できるよう、くるみん、健康経営などに取り組み、達成感や幸福感が感じられる楽しい職場づくりを進めています。チーム力を発揮し、創業100年を目指し、地域社会に貢献する会社であり続けたいと思います。

 

出身校/長崎北高校、専修大学

好きな言葉/不易流行
変わらぬ信念のもと、時代の変化へ適応し続ける当社の社風を象徴しているから。

健康法/ゴルフ、質のいい睡眠