長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

菅原産業

代表取締役

菅原 則和

菅原産業菅原 則和

所在地 諫早市多良見町東園617

電話 (0957)43-2452

菅原産業

代表取締役

菅原 則和

再資源化で循環型社会の実現を

 1984年創業。一般廃棄物回収を主軸として、廃棄物を再資源化するリサイクル事業に取り組み、県内の一般家庭から各企業まで広い分野において廃棄物・資源物の処理に貢献しています。
 環境意識の高まりで、今まさに環境業の大切さをいろいろな人に広げるチャンスだと考えています。不要になった物でも、手を掛ければ資源になります。マイクロプラスチック問題もあり、プラスチックは、世界的レベルで減らそうという流れになっていますが、紙や金属より低い温度で溶け、減容化できるため、実はリサイクル向きの素材です。そこに特化した戦略を打ち立てていきたいと思います。
 弊社の強みは、さまざまな種類の産業廃棄物を数多く取り扱えることにあります。そこで5年後を目標に、県央地区に究極までリサイクルできる大きな工場の建設を考えています。多様化する幅広いニーズに応え、廃棄ではなく最終的には再資源化して生まれ変わる、一連のフローをつくる。若い世代に環境教育として見に来てもらえるような学習の場にもしたいです。
 さらに地元企業と連携し、自社工場で生産した再生素材でメイドイン諫早の商品を出せると面白いと思います。リサイクル都市として、諫早をブランド化できると思いますし、長崎で盛んな農業や畜産業分野に役立つ物も作っていきたい。どこまでごみにせず、自社でできるかがポイントになるので、とことんやっていきたいですね。
 これからもお客さまの声に応え、最高のパフォーマンスができるよう、社員一丸となって環境に考慮したよりよい企業づくりにまい進して参ります。

 

出身校/大村工業高校

好きな言葉/感謝
良い所も悪い所も全部感謝できる、器のある人間になりたいと思っている。

健康法/ジョギング
机の前に座る仕事が多くなったため、健康面を考え1日4㌔ほど走っている。