長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

ONE BASE

代表取締役社長

吉村 友希

ONE BASE吉村 友希

所在地 長崎市宝町5-9-4階

電話 (095)873-1338

ONE BASE

代表取締役社長

吉村 友希

子どもの大切なコミュニティーに

 昨年5月に大村で10カ所目となるダンススクールを開校しました。ダンス需要は年々高まっていますが、ニーズを的確につかんだ経営をしているスクールは多くないと思います。従来のように街の中心部にスクールを作っても、共働きが多い今の時世では送迎が親の負担になってしまいます。子どもたちが自身で通えるベットタウンに作った方が絶対良い。慣習や常識に捉われず、本当に良いもの、必要なものを見極めた経営を心がけています。
 コロナ禍はいろいろな事を考える契機となりました。5月の緊急事態宣言時には対面レッスンを一時休止。インターネットのライブ配信を利用してレッスンを継続しましたが、その時に気づいたのは「子どもたちはコミュニティーを求めてこのスクールに来ているのだ」ということ。優秀なインストラクターを集め、県内トップクラスの技術でレッスンをしているつもりだったけれど、子どもたちが一番望んでいたのはダンスの上達はもちろん、人とのつながり。改めて「コミュニティーとは」という部分をインストラクターと再考し、今後のレッスンに生かしていくつもりです。
 今年は新しいものをつくっていくばかりでなく、既存の物や団体とコラボして別の何かを生み出していくことに挑戦しようと思います。「子どもたちの将来に影響を与えることに自分たちが携わっている」という理念は今後も見失わないように持ち続けます。そういったひとつひとつの意識や努力がダンス業界全体の地位向上に繋がっていくのだと信じています。

 

出身校/近畿大学

好きな言葉/我思うゆえに我あり
唯一確かで信頼できるのは、自我なのではないかと思っている。

健康法/睡眠、運動
ストレスがたまらない生活を心がけている。