長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

リコージャパン

販売事業本部 長崎支社長

馬場崎 務

リコージャパン馬場崎 務

所在地 長崎市文教町11-5

電話 (095)843-9100

リコージャパン

販売事業本部 長崎支社長

馬場崎 務

デジタル技術で業務効率化支援

 当社のビジネスコンセプトは「Customer’s Customer Success」。つまり、お客さまのその先のお客さまにまで届く価値を創出することを目指しています。
 主力事業は大きく分けて二つ。コピーやプリンター、ファクスの機能を併せ持つ複合機などを扱う画像分野と、コンピューターなどのハードウェアやソフトウェアといったICT分野です。全国で地域密着のサポート体制を築いており、長崎県内でも長崎、佐世保、諫早、五島に拠点を置き、ご購入いただいた商品のメンテナンスなど万全のサポートをさせていただいております。
 デジタル技術で業務を効率化する提案を続け、オフィスの自動化、省人化に寄与したいと考えています。その一環として、長崎支社では約3年前から社屋内の改革に着手。「ViCrea(ヴィクレア)長崎」と名付け、社員が固定した席を持たないフリーアドレス制や立った状態での会議スペースなど、新しい時代のオフィスの在り方を実践し、お客さまに公開しています。
 昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で、取引先のお客さまの業務にも大きな変化がありました。例えば、テレワークの増加で事業所にある複合機の利用機会が減少。オンラインを活用した新たなビジネス様式をお客さまに提示することで、ウィズコロナ時代への対応をさらに支援していきます。
 当社はSDGs(持続可能な開発目標)に賛同し、全国の支社に「SDGsキーパーソン」を配置。購入いただいた複合機の台数に応じてマングローブを植樹するなど、エコ活動などにも積極的に取り組んでいます。

 

出身校/福岡工業大学

好きな言葉/ありがとう
その言葉をお客さまに言ってもらうため頑張ってきた。社員、家族にも伝えている。

健康法/ゴルフ