長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

ヨシケイ長崎

代表取締役

森塚 一郎

ヨシケイ長崎森塚 一郎

所在地 佐世保市俵町12-10

電話 (0956)25-2121

ヨシケイ長崎

代表取締役

森塚 一郎

サービスの魅力発信を強化

 新型コロナウイルス感染拡大という未曾有の事態に見舞われた2020年。多くの方々がご苦労なされた中で恐縮ではありますが、昨年は好調を維持することができました。
 コロナ禍で外出を避けるなどさまざまな行動の制限が生まれ、「新しい生活様式」も叫ばれました。こういった背景が、新しいお客さまに当社のサービスをご利用いただくきっかけになったと考えております。
 当社のサービスの強みは栄養とバランスを考えた豊富なメニュー、必要な食材を必要な人数分お届けし食品ロスがないことです。2015年には諫早にも工場と営業所を増設。専属管理栄養士監修のもと、ケアハウス、グループホームなど、福祉施設のために開発したメニュー「ヨシケイキッチン」もスタートさせました。食事は他の消費と異なり必要不可欠な「ライフライン」であるとともに「安くてうまい」が当たり前となっている時代。「どうすれば当社を選んでいただけるか、納得していただけるか」を突き詰めて考え、今後もサービスの魅力発信を強化していきたいと思っています。
 公私両面で大事にしている言葉は「一期一会」。考えていた進路とは違う高校に進学したことで柔道と出会い、今でも続けています。仕事をする上でのモットーは「中途半端をしない」。どれだけ取り組んでも「もう十分。やれることはない」と思えることは滅多にないと思います。それはつまり「まだ良くできる所がある」という裏返し。何事においても大切にしている姿勢であり、考え方です。

 

出身校/中京大学法学部

好きな言葉/一期一会
予定してなかった高校に進学したことがきっかけで柔道を始め、今も続けている。

健康法/柔道の指導
高校から始めて41年。週3、4日、県立武道館で中学生に教えている。柔道7段。