長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

不動技研工業

代表取締役会長

濵本 浩邦

不動技研工業濵本 浩邦

所在地 長崎市飽の浦町5-3

電話 (095)861-1638

不動技研工業

代表取締役会長

濵本 浩邦

創業精神を守りながら攻めの経営

 昨年は三菱長崎造船所協力会社連絡協議会会長、長崎県情報産業協会会長に就任し、対外的な役職が増えました。7月には現職の任に就いたことで4代目となる田中三郎新社長が誕生。新社長は迅速な行動力を期待しての就任です。濵本姓ではない社長の就任は、1964年の会社設立以来初めてのことです。当分は神奈川事業所の所長を兼任しながらですが、顧客に依存した経営から、当社の主体的、能動的な戦略に基づいた経営に本格的に変えていこうという強い意志を持って取り組んでいます。
 事業の柱は、発電用プラント機器を中心とした産業用機械の設計、そして自動車の電子・電装品の開発支援や研究開発の二本です。
 弊社の基本は人。創業者である父の社員を大切にする考えを引き継いでいるからです。厳しさの中にもお互いを思いやる、温かみのある職場環境から伸び伸びとした自然な発想が生まれ、チャレンジ性溢れるアイデアが育ってきます。このことを念頭に置き、創業精神を守りつつも変革を進めていきます。
 昨年2月、持株会社である不動技研ホールディングスを設立しました。グループ会社の管理系業務を担う組織として、複数の事業会社設立を目指しています。今年は「明日ではなく、今すぐやる」をテーマに掲げ、コロナ禍でも事業拡大の可能性を絶えず求めていきます。エンジニアリング事業、ICT事業をさらに充実させ、グループ企業PAL構造とのシナジーを追求し、できることには全ての力を捧げ、企業変革を加速させます。

 

出身校/長崎西高校、長崎大学経済学部、ロヨラ大学シカゴ校MBAコース

好きな言葉/正しい努力はきっと報われる
報われない時があるかもしれないが、正しい努力が報われると信じ頑張るしかない。

健康法/スポーツマッサージ、映画鑑賞、ウオーキングしながら新しい店を発見すること