長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

ヤベホーム

代表取締役

矢部 福徳

ヤベホーム矢部 福徳

所在地 諫早市永昌町4-36

電話 (0957)25-3188

ヤベホーム

代表取締役

矢部 福徳

地震とウイルスに強い健〝幸〟住宅

 「人も地球も健〝幸〟長寿な家づくり」をコンセプトに、自然素材と県産木材にこだわった安心・安全な住まいを提供しています。今求められているのは、WITHコロナ時代に合った住宅。これまでもしっくい、シラスなどの自然素材を使用し、断熱性や調湿性に優れたウイルスに強い家を目指してきましたが、さらに玄関に除菌手洗い場を置いたり、テレワークのための書斎などを設けたりする、新しい生活様式を実践できる家づくりにも積極的に取り組んでいます。
 昨年5月の外出自粛による休校時期、ヤベホームの家にお住まいのお子さんを対象に、「家族の住まいと健康」をテーマにした作文を募集しました。「何年たっても木の香りがする」「家に帰ると落ち着く」といった感想とともに、家の中で楽しく健やかに過ごす様子が生き生きとつづられており、大きな感動をいただきました。
 創業35周年を迎える2021年は、JR諫早駅西口前に新社屋を建設します(1月着工、11月完成予定)。7階建てで、1階は本社事業部、2階以上は県内では珍しい試みとなる県産木材と自然素材を使用したワンルーム賃貸マンションを計画しています。
 県内の木材で家を建てることは長崎の森林や環境を守り、経済を発展させることにもつながります。創業以来、綱領「顧客の喜びは我が喜び。その喜びを求めて今日も働く!」を守り、環境・福祉・スポーツへの社会貢献をSDGs(持続可能な開発目標)に取り入れ、継続してまいります。

 

出身校/小浜高校

好きな言葉/人間万事塞翁が馬
人生に無駄なことはない。良いことも悪いことも素直に受け入れ、何事も前向きに。

健康法/W削減ウオーキング
車で5分以内の用事はウオーキングによる医療費削減と車両CO2削減に努める。