長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

日本政策金融公庫

長崎支店長兼国民生活事業統轄

淵上 眞吾

日本政策金融公庫淵上 眞吾

所在地 長崎市大黒町10-4

電話 【国民生活事業】(095)824-3141 【農林水産事業】(095)824-6221 【中小企業事業】(095)823-6191

日本政策金融公庫

長崎支店長兼国民生活事業統轄

淵上 眞吾

質の高い金融サービスを提供

 昨年4、5月は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた事業者の皆さまから、資金繰りの相談や融資の申し込みが集中しました。こういう時こそ、政府系金融機関としてセーフティネット機能を発揮しなければなりません。職員が休日返上で対応しました。それでもお客さまをお待たせしてしまう状態でしたが、民間金融機関や県信用保証協会と連携して支えることで、状況は落ち着きました。
 今年になっても依然業況が厳しいまま、据置期間が終了し元金返済が始まる事業者が少なくないようです。今困っている方々の救済や支援に万全を期すことは、優先順位として高いと考えています。一方、既に危機を脱したお客さまに対しては、事業承継など成長戦略分野への重点的な資金供給を通じてサポートします。事業承継については本年度からマッチング支援業務を開始しました。後継者がいない県内事業者と本県に進出したい県外事業者を引き合わせる取り組みを実施していきたいと思います。
 日本公庫は「国民生活事業」、「農林水産事業」、「中小企業事業」の3事業で構成しています。全国152の支店網や各事業の情報・ノウハウを活用し、質の高い金融サービスを提供できるのが強みです。取引先数が多いので、業績回復の事例も紹介していければと思います。
 一人一人の職員が「地域の発展に役立つ公庫でありたい」という熱い思いを抱いています。金融機能やコンサルティング機能を発揮して、コロナ禍に苦しみながらも奮闘する事業者の皆さまに寄り添い、支え、後押ししていきます。

 

出身校/熊本大学

好きな言葉/One for all,All for one
組織が最大の力を発揮するにはチームワークが大事。

健康法/水中ウオーキング
6、7年続けているが、長崎に美味しい物が多すぎて体重は増えた。