長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

モダンプロジェ

代表取締役社長

別府 大力

モダンプロジェ 別府 大力

所在地 福岡市中央区大名1-7-3 modern palazzo大名/長崎市文教町7-11 modern palazzo文教prima1階(長崎ログ店)

電話 (095)846-5558

モダンプロジェ

代表取締役社長

別府 大力

不動産事業で地域を元気に

 福岡、長崎を中心に投資用の賃貸物件の企画販売を行っており、創業9年となる昨年は供給100棟を突破することができました。私たちは「不動産投資」を「不動産を活用した事業」、お客さまは大切な「事業パートナー」だと考えています。何よりも重要なのは信頼関係を築くこと。お客さまの意図、将来構想をしっかりと把握し、それぞれに合った資産形成、不動産事業を提案いたします。
 最大の強みはマンション1棟経営をワンストップでサポートできることです。会社経営の傍らに不動産事業を始めた方もいますが、本業に集中できるとの声をいただいています。運用方法についても、ウイークリー・マンスリー物件、ホテルなど、さまざまな形を提案できます。福岡へ進学する学生さんを中心とした賃貸にも力を入れており、福岡で夢に向かって頑張る若者たちを取り上げるテレビ番組も現在放送中です。
 一般の方が気軽に不動産に関する相談ができるよう、「キーステーション」の出店を計画しています。一方で法人向けに、社宅用として当社のウイークリー・マンスリー、ホテルなどを積極的にプロモートしていきたいと考えています。
 新たに取り組んでいるのは、起業・独立を検討している方へのサポート。金融機関や司法書士など各専門家とのつながり、マーケティングで得た地域の情報をもとに、起業に関するさまざまな相談に応じます。県内にコワーキングスペース開設も計画中です。これからも地域に根差し、ニーズに合った事業を展開して、長崎県を元気にしていきたいと思います。

 

好きな言葉/一期一会
仕事において、人との関わりを大切にしています。

健康法/ウオーキング
外を歩くことで、街に何があるか、どういうニーズがあるかが見えてきます。