長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

長崎県中小企業家同友会

代表理事

金井 政春

長崎県中小企業家同友会金井 政春

所在地 長崎市栄町1-20大野ビル5階

電話 (095)822-0680

長崎県中小企業家同友会

代表理事

金井 政春

理念を羅針盤に新時代を拓く

 日本では中小企業が全事業所の99・7%を占め、雇用は7割に達します。まさに日本経済を支える柱と言っていいでしょう。同友会は中小企業の経営者が学び合い、成長するための「経営能力を磨く道場」です。2020年はその存在意義がさらに高まったのではないでしょうか。世界を襲ったコロナ禍により本県の経済も大きな打撃を受けました。そんな中、同友会はいち早く県にコロナ対策要望書を提出し、より細やかな支援をお願いしました。
 企業を守るためにはまず資金が必要です。私たちはネットワークを生かし、3、4月ごろには国や県などのさまざまな支援制度の情報を会員に素早く発信しました。例会やイベントは3密を徹底的に避け、リモートで開催。青年経営者会では、活動費の一部を会員の店舗で使える買い物券に活用するなどコロナ禍だからこそできる活動を行ってきました。現在は会員企業のほとんどが十分な融資を受けられていますが、今後はそれを返済し企業再生に努めなくてはなりません。コロナ禍が直撃した2020年よりも、むしろこれからが本当の勝負といえます。
 私たちは新しい時代を迎えようとしています。さらに来年は県同友会が50周年を迎える大きな節目の年。今こそ、同友会の理念である「自主・民主・連帯」「国民や地域と共に歩む」の精神をあらためて確認、共有し、それを確固たる羅針盤として「よい会社をつくろう」「よい経営者になろう」「よい経営環境をつくろう」の三つの目的を目指したい。将来的には県内に支部を増やし、「同友会イズム」をもっと広めたいと考えます。

 

出身校/大阪工業大学土木工学科短期大学部

好きな言葉/従流志不変
流れに従い志は変えない生き方。一方でトップには時に意志を貫く強さも必要。

健康法/足つぼマッサージ
この3年半、毎週行う唯一の健康法。おかげで病気をすることがなくなった。