長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

NITTOKU

代表取締役社長

近藤 進茂

NITTOKU近藤 進茂

所在地 埼玉県さいたま市大宮区東町2-292-1/大村市池田2-1306-4(長崎事業所)

電話 (0957)52-2109

NITTOKU

代表取締役社長

近藤 進茂

生産技術代行の精密FAメーカー

 当社は電気を使用するスマートフォン、自動車、家電には必ず搭載されるコイル・モーターを巻く設備業界で世界シェア4割弱を誇り、地域未来牽引企業、グローバルニッチトップ企業に選出されております。
 今後も更に隣接並びに周辺分野に入り込み、今まで蓄積してきた技術で複合型機能搭載のシステム設備を手掛け、精密FAメーカーとして一段と成長を加速していきたいと考えています。「顧客に寄り添いニーズをウォンツに変えていく!」。この戦術を常にとります。
 当社の強みは他社が入り込めない分野を担っており、技術の積み重ねが必要となります。また、コイルに変わるものがこの世の中に存在せず、当社の得意とする顧客の生産技術の代行を更に強化し、モーターであれば製品の開発から試作まで請け負い、その後生産システム設備を製造していきます。それにより持続的成長が見込めるものと考えております。
 また、システムインテグレーターへの転身を担う拠点として位置付けた長崎事業所では当社が50年間培ってきた技術の応用により、従来の市場分野外のFA自動化設備を製造しております。例えば、医療用のカテーテルの製造設備などの新規事業も生まれており、立ち上げから6年余りで急激な成長を遂げ、ものづくり技術向上に果敢に挑戦する「人財」にも恵まれ、100人程の従業員規模となりました。
 当社は今後も小さくともキラリと輝くオンリーワン企業としてお客さまと社会に貢献し続けていきたいと思います。

 

出身校/中央大学

好きな言葉/知行合一
知識は外から得て、それを加工し、即行動するという自身の考え方から。

健康法/ゴルフ
自律のスポーツであり、マナーを守るという事から。