長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

長崎県信用保証協会

会長

田中 桂之助

長崎県信用保証協会田中 桂之助

所在地 長崎市桜町4-1

電話 (095)822-9171

長崎県信用保証協会

会長

田中 桂之助

元気と活力を取り戻すために

 長崎県信用保証協会は、公的な「金融と経営の総合支援機関」として、中小企業のライフステージに応じた保証・創業支援・経営支援・再生支援の充実に努め、中小企業の維持・発展を積極的にサポートし、県内約3割の中小企業の皆さまにご利用いただいています。
 昨年は新型コロナウイルス感染症の拡大により、経済活動や日常生活が激変し、中小企業の資金繰りにも甚大な影響を与えました。
 協会では、4月から3カ月足らずで前年度1年間の保証実績を超え、上半期では保証承諾8664件、1233億1千万円と前年比3倍以上、リーマンショック時を超える大きな実績となりました。急増する保証相談・申し込みに迅速かつ丁寧に対応するため、休日電話相談窓口の設置や保証審査部門の増員など体制を整備し、平均3~4日程度で保証承諾の対応をすることができています。
 私たち自身の感染予防にも神経を使いました。協会の業務は、代わりの利かない仕事です。職員の責任感の強さや高いプロ意識を心強く感じた1年でもありました。
 国や県、市町においてはこれまでにない経済対策が講じられていますが、いまだコロナ禍の収束が見通せない状況を考えると、今後は資金繰り支援に加え、経営支援の重要性が高まってくるものと思われます。金融機関や各支援機関の皆さまと協力し、コロナ禍の影響を受けた先のモニタリングに注力していきたいと考えています。
 長崎県の活力と元気を取り戻すため、役職員一丸となって「中小企業のサポーター」として中小企業者の事業活動が円滑に進むよう力を注いでまいります。

 

出身校/熊本大学

好きな言葉/日々

健康法/ウオーキング