長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

ハウジングロビー

代表取締役

森田 龍三

ハウジングロビー森田 龍三

所在地 長崎市目覚町4-2

電話 (095)843-3123

ハウジングロビー

代表取締役

森田 龍三

物件の商品力を上げる工夫を

 1987年の創業当時からすると、賃貸住宅管理という業態は大きく変化しました。不動産業者などが仲介の延長線上に無償で行うものから、管理料をいただく「業種」へ。2020年はついに「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が成立。「賃貸住宅管理業」は国土交通大臣の登録が義務づけられ、法整備が進むことで社会的位置づけをもつ業種として成熟していくのは間違いありません。
 スマートフォンの普及は市場を大きく変化させました。今はネットで物件情報を精査して、最後に不動産業者に問い合わせるのが一般的です。そうなると営業力よりも大事なのは、お客さまに選んでもらえる物件の商品力。私どもはここに力を入れるべく、賃貸住宅にも「ホームステージング(家の演出)」を取り入れました。自社オリジナルのプラスチック段ボール家具「モデルーム」なら8分で配置完了。演出を専門に手掛けるホームステージャーが生活空間のイメージを作り出します。営業がその場にいなくてもお客さまが自分で気軽に物件を見に行ける「セルフ内見」も今年から始めます。このほか、空き室を活用した民泊「おやど 紀伊国屋」など、さまざまな企画で喜んでいただいています。
 人口減少の時代、管理業のあり方も見直さないといけません。入居者に長く住んでもらうためのサービスとは何か。例えば私どもとオーナーさまが連名で感謝のカードを贈るというような。営業面での触れ合いが減った一方、こうしたアナログなコミュニケーションで「つながる瞬間」をつくっていきたいですね。

 

出身校/諫早高校

好きな言葉/変わるモノと変わらないコト
昨年末から放送開始した新CMのキャッチコピー。思いが凝縮された言葉です。

健康法/ギター演奏
ストレス解消法はギター。エレキもアコギも弾きます。得意曲は内緒。