長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

総合介護サービスセンター泉の里

理事長

小林 克敏

総合介護サービスセンター泉の里小林 克敏

所在地 泉の里1号館 3号館/大村市徳泉川内町829 泉の里2号館/大村市東本町583 泉の里本町アーケード館/大村市本町387-1

電話 (0957)54-2105

総合介護サービスセンター泉の里

理事長

小林 克敏

質の高い介護で高齢者を支える

 介護施設「泉の里」は豊かな高齢社会をつくることを第一に掲げ、家庭の幸せや地域社会の発展のため頑張ってこられた方々の老後をサポートし続けてきました。大村市内に1号館を1982年に開設して以来、2号館、3号館と増設し、2020年5月には街中のアーケードに8階建て複合型施設の本町アーケード館をオープン。立ち寄りやすい一等地にあり、個室で手すり付きトイレを完備した環境に、利用者やご家族から好評の声が寄せられています。
 同館には保育園や学童クラブも設置。職員が子どもを預けて働くことができ、海外から遊具を取り寄せたキッズルームには短期間で約700人が登録しています。お年寄りと子どもの交流機会が多く、子どもがお年寄りの誕生会で花束を贈ったり歌を歌う姿が、お年寄りに非常に喜ばれています。
 3階には、約400人を収容できる地域交流センターを備えており、演奏会などイベントの開催も増やしていく考えです。20年9月の台風10号接近時には、地域住民の方々を「避難所」として受け入れました。安全安心で地域に根差した施設として今後も貢献させていただきたいと考えています。
 泉の里の職員は合計約300人で、勤続20年、15年を超え、社会福祉士や介護福祉士などさまざまな資格を持つ職員がたくさんいます。高齢化が進む中、介護施設は「選ばれる施設」になることが極めて重要で「長生きして良かった」と思っていただける生活をサポートするのが最大の命題です。お年寄りお一人お一人の特徴や求めることを把握し、チームプレーで生活を支えていきます。

 

出身校/福岡大学

好きな言葉/人事を尽くして天命を待つ
いつも全力投球している。物事の結果は全力投球の結果だから。

健康法/仕事
仕事で難題をクリアすることが精神的にも肉体的にも良く、健康につながる。