長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

CURRENT

代表取締役

鈴木  保

CURRENT鈴木  保

所在地 長崎市興善町6-5興善町イーストビル6階

電話 (095)801-1377

CURRENT

代表取締役

鈴木  保

九州・長崎IRで地方創生を追求

 佐世保市のハウステンボスに、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を誘致する県の「九州・長崎IR」事業への参加を目指しています。追求するのは「地方創生」の実現。長崎の魅力を世界に発信するIRを建設・運営し、九州を活性化したいと考えています。
 IRはカジノだけでなく、ホテル、ショッピングモール、テーマパーク、シアターなどを備えた複合観光施設。弊社はマカオのカジノリゾートホテル「ソフィテルマカオ・アット・ポンテ・16」や香港の開発会社「ゲットナイスホールディングス」と連携、豊富な経験があります。キャッチフレーズは「あなたの休日は長崎で、違った色を見にいこう」。長崎には多様な歴史や文化、島々、素晴らしい食材があり、こうした魅力を多くの観光客に伝えたいという思いを込めています。
 こだわりは、エンターテインメントを重視したIR。私は幼いころから子役タレントとして活動し、テレビ番組の制作会社などで芸能業界について学び、米国・ラスベガスや他の国で数多くのショーを手掛けてきました。子ども連れの家族からお年寄りまで安心して楽しめる場所を提供したいと思っています。新型コロナウイルスの拡大で感染症対策は重要な課題です。弊社は最先端の換気システムなどを導入し、万全の態勢となる計画を練っています。ギャンブル依存症の懸念も解消できるよう、行政や地域と協力し、対策を講じます。
 IR運営は地元との連携が不可欠。長崎市に本社、佐世保市に支社を構え、地域の皆さまの意見に耳を傾けながら準備を進めており、これからも県民のみなさんと歩んで行きたいと思っています。

 

出身校/東京都立代々木高校

好きな言葉/水滴石を穿つ
小さなことを継続し、大きな結果につなげていきたいと考えている。

健康法/格闘技などのトレーニング