長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

中村工務店

代表取締役

中村 鉄男

中村工務店中村 鉄男

所在地 長崎市松山町4-44中村ビル

電話 (095)847-4275

中村工務店

代表取締役

中村 鉄男

評価と信頼を丁寧に積み重ねて

 2020年は東京五輪の後、景気の後退が半ば確実視される厳しい年です。危機感はしっかり持ちながら、それに左右されない経営を心掛けたいと考えています。住宅リフォーム市場は、大手も参入する激戦区です。「さすが中村さん」と評価していただける商品づくりとサービスの提供に努めます。

 「親が住んでいる家のリフォームを」というご相談を県外のお客さまから多く受けるようになりました。打ち合わせのたびに足を運んでいただくのは大変な負担です。主力の「すまいるリフォーム」に加えて、キッチンなど水回りに特化して、満足度はそのまま、事前の打ち合わせや工期、費用をコンパクト化する新提案を展開します。

 目指すのは、リフォームばかりでなく、不動産の管理・活用、相続や境界問題まで〝家〟にかかわるトータルなサポートのできるパートナーです。「中村さんなら大丈夫」という信頼を丁寧に積み重ねていきたいと思います。

 ここ数年、自分が陣頭指揮を執るばかりでなく、社員のみんなに「この会社で頑張っていけるぞ」と思ってもらえる環境をつくる大切さを強く感じるようになりました。自分のアイデアを自分で形にしよう、と考える社員が確実に増えている手応えがあります。

 会社は爆心地公園の向かいにあります。「私たちも何かの形で平和を発信しましょう」。これも社員の声でした。爆心地と浦上天主堂を結ぶ商店街の活性化にひと役買えたら、と地元の皆さんのミーティングにも参加させてもらっています。地域のため、長崎のためにできることはないか、と自らに問い続ける会社でありたいと思います。

 

出身校/長崎北高校、中京大学

好きな言葉/正直に生きる

健康法/週1回のカイロプラクティック