長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

大和証券

長崎支店長

鳥居塚 勇人

大和証券鳥居塚 勇人

所在地 長崎市万才町7-1

電話 (095)823-0181

大和証券

長崎支店長

鳥居塚 勇人

お客様のニーズを捉えて、地域貢献

 昨年末に長崎支店はお陰様で開設60周年を迎えることができました。私は昨春に長崎へ着任しましたが、江戸期の鎖国時代にも開かれていた町という歴史的背景があるからでしょうか、長崎の開放的な地域性を実感しています。

 現在弊社ではソリューションビジネスのさらなる浸透を目指し、三つの柱となる戦略を立て、お客様からの信頼を高めることに取り組んでいます。まず一つ目はクオリティ。NPS(ネット・プロモーター・スコア)という指標を活用することでお客様の声を明確化し、商品・サービスの質を向上させ、お客様の満足度向上に努めます。二つ目はリーチ。これは、ネット利用が増えている現代、お客様との接点をいかに拡大するかという課題に対応するため、店舗のあり方を見直しています。そして三つ目はお客様の世代や属性に応じた営業人員体制の細分化です。お客様一人ひとりのニーズを捉えた的確なアドバイスができるよう改革を進めています。営業人員体制の改革の一例として、相続を専門とする〝相続コンサルタント〟、主に高齢のお客様を対象にきめ細やかな対応を行う〝あんしんプランナー〟の配置を進めています。高齢化社会が進展する中で相続に関する相談が着実に増えておりますが、弊社では本部部署や外部専門家とも連携して包括的なサポートが可能です。また、相続のみならず不動産や事業承継等の相談も承っています。

 弊社の取り組みをさらに深化させることで、お客様とのつながりを一層深め、地域に貢献してまいります。

 

出身校/法政大学

好きな言葉/千里の道も一歩から

健康法/ジム、ゴルフ(始めたばかり)