長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

総合介護サービスセンター泉の里

理事長

小林 克敏

総合介護サービスセンター泉の里小林 克敏

所在地 大村市徳泉川内町829

電話 (0957)54-2105

総合介護サービスセンター泉の里

理事長

小林 克敏

「街の中の施設」5月オープン

 大村市内に介護施設「泉の里1号館」を1982年に開設して以来、2号館、3号館を増設し、37年が経過しました。地域に密着し、高齢化社会の対応に一生懸命に取り組んできました。1~3号館のベッド数は合わせて約250床、デイサービスなどを含め利用者は約600人に上ります。「これからも選ばれる施設」になるため、質の高いサービスを展開しなければいけないと考えています。

 2020年は進展があります。5月1日に大村市内のアーケードに8階建ての複合型施設である4号館をオープン。上層階の老人ホームフロアは全室トイレ付き個室と希少なつくりです。介護にとどまらず、子育て支援も重視しており、2階は保育園、学童保育、子どもの遊び場があるキッズルームを設けます。3階には約400人を収容でき、地域交流に生かせる大ホールを整備します。これまでにないような「開かれた施設」を目指しています。

 街中に新設することで、家族や友人が利用者に会いに来やすく、医師も駆けつけやすいメリットも生まれます。アーケードの活性化にも貢献できるのではないかと考えております。

 泉の里は働きやすい環境も重んじています。現職員には勤続年数10年以上が多く、4分の3は介護福祉士や看護師、理学療法士などの資格を持っています。5月の4号館の開設を控え、新たに約80人を採用する方針で募集も続けています。

 今後も高齢者の皆さまから「長生きして良かった」と言われるような役割を果たしていきたいと思います。

 

出身校/福岡大学

好きな言葉/人事を尽くして天命を待つ

健康法/仕事