長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

トータル

代表取締役社長

永木 保史

トータル永木 保史

所在地 諫早市小川町1267RDビル2F-A

電話 (0957)22-8300

トータル

代表取締役社長

永木 保史

「保険と地方創生」テーマに挑戦

 当社は2002年の法人化以来、保険を通じてご契約者さまをお守りすることで成長してきました。現在は29人の社員が七つの部署で、お客さまへ「安心と安全」をお届けすることを目標に日々まい進しています。

 今年は「保険を売る保険屋さん」から「コンサルティングを提供する企業」への変革を図り、コンサルティングを通じて地域に貢献できる企業を目指します。

 これほど自然災害が多発し、暮らしや企業運営に甚大な被害と悪影響をもたらすと、ひとも企業も無防備ではいられません。防衛のために知恵を絞り、万一に備え貯蓄や保険を準備する必要があります。しかし、それには時間とお金がかかり、知識も必要になります。

 平時を守るには、自然災害にだけ対処すればいいわけではありません。健康でいること、働けること。交通事故を起こさないこと。企業であれば、社員が健康で働いてくれること、労働災害・雇用トラブルを起こさないこと、サイバー攻撃にあわないことなど。あらゆる災害の可視化と事前の準備は、容易ではありません。

 弊社は、複数の保険会社の商品とサービスを取り扱うことで、お客さまに見合う最適な体制を整えています。万一、災害に見舞われたとしても保険が「復旧・復興」「再起・再建」の役に立ち、暮らしと事業の継続が可能になるのです。

 今年の抱負は「挑戦」です。業界は今、再編の波が押し寄せています。先陣を切って挑戦してきた組織化とお客さま本位の業務運営をより強固にし、地域の皆さまに選ばれる企業となるよう、体制整備に力を注ぎます。

 

出身校/諫早高校

好きな言葉/純情(すなお)

健康法/早寝早起