長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

チョープロ

代表取締役

荒木 健治

チョープロ荒木 健治

所在地 西彼杵郡長与町高田郷62-1

電話 (095)856-8101

チョープロ

代表取締役

荒木 健治

小さな挑戦を重ね 夢を語ろう

 東京五輪の年。日本全体、国民全体が高揚感に包まれるはずです。スポーツ振興に長く力を注いできた私たちの会社からも五輪選手が誕生しました。

 一方、長崎にとっては厳しい話が続くだろうと思います。西の果てに位置する以上、物流コストの問題は常につきまといます。ただ、通信技術がどんどん進化してくれば、働く場所が必ずしも大都市である必要のない業態も多い。住みやすい所ですから。私たちはその住みやすさを支える企業です。その責任を常に自覚して進んでいきます。

 昨年は創業70周年の節目を迎えました。LPG業界は人手不足や後継者不足に直面しています。地域のトップランナーとして、業界を支える使命感を持ちたい。わが社で人を育てて、業界全体の役に立てるようになれればと考えています。

 会社の基本は「地域密着」です。ただ、人口の減少が避けられない中で、今までと同じことだけをやっていたのでは、会社はしぼんでいきます。ここ数年、新ビジネスへの挑戦を続けてきました。新エネルギーの太陽光発電、バイオマス発電、「長崎地域電力」。それぞれの事業分野が収益の柱になれるよう、しっかりと取り組んでいきたい。障害のある人と一緒に働ける空間もつくりたいと思います。

 「グローカル」という言葉があります。私たちも、身近な地域から、人々の日々の生活から、地球のことを考える会社です。地元愛と情熱を大切に、小さな挑戦を重ねながら、夢を語り、発信していく。そんな会社、そんな経営者でありたいと考えています。

 

出身校/長崎東高校、専修大学

好きな言葉/誠実は信用を生む

健康法/体重は気にしています。10年で10キロほど減量しました。