長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

サン・ホールディングス

代表取締役

中野 雄一郎

サン・ホールディングス中野 雄一郎

所在地 佐世保市松浦町5-13グリーンビル201

電話 (0956)22-6804

URL 企業ホームページ

サン・ホールディングス

代表取締役

中野 雄一郎

「入っていてよかった」保険に

 損害保険と生命保険の商品を取り扱い、顧客数は個人・法人合わせて1万超に上ります。このうち9割は個人のお客さまです。形のない保険が、万が一の時に「入っていてよかった」と思われる商品になることを目指しています。

 従業員は営業スタッフ31人を含め44人。地場資本の代理店としては九州トップクラスの規模であると自負しています。2019年1月、長崎市に法人営業部を新設。11月には、さらに県北地域をカバーできるよう佐世保北営業所(佐世保市皆瀬町)を立ち上げました。県内全域を網羅できる体制づくりを進めています。

 2020年は、三井住友海上が認定する「プロ新特級AAA代理店」の取得を目指します。売上規模に加え、顧客満足、従業員満足、収益性などが基準になります。17年には「AA」に認定されています。ランクを上げることは簡単なことではありませんが、ブランド力向上にもつながり、従業員一丸となって取り組みます。

 近年、想定外の自然災害が相次いでいます。台風や豪雨災害の頻発により、損害保険などの料金は値上げ傾向にあります。だからこそ、納得した上で加入していただくために、お客さまへの丁寧な説明やアドバイスを尽くすことがわれわれの使命だと考えます。

 現場からの意見を集め、お客さまによりよい商品を提供できる体制が強みです。これからも地域に密着し、業務の品質向上を図ります。経営理念は「継続は力なり」。お客さまとのお付き合いも継続できるよう、次世代に向けた人材育成にも力を入れていきます。

 

好きな言葉/継続は力なり

健康法/バドミントン