長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

九州教具

代表取締役社長

船橋 修一

九州教具船橋 修一

所在地 大村市桜馬場1-214-2

電話 (0957)53-2177

九州教具

代表取締役社長

船橋 修一

常にユーザー目線に立った事業

 わが社は昨年、ソリューション事業・ホテル事業・ウォーターネット事業の三つで増収増益を達成しました。その要因の一つは、時代の転換に合わせて柔軟に考え方を変えているからです。戦後の「経済の時代」はお金をもうけることが目的の成果主義でしたが、バブル崩壊後は多様な価値観を尊重する「文化の時代」となりました。物を売るだけではなく、付加価値が求められる時代です。

 そうした消費者のニーズをノウハウとして蓄積するため、その転換期にわが社は新たにホテル事業を立ち上げました。実際に施設を運営する中で生まれた問題点や改善点が、ソリューション事業で扱う商品やシステムのユーザー目線での提案につながりました。

 また女性の活躍にも特に力を入れています。従来の事務機業界の営業職につきものの大型機器や重い紙製品の納品業務を外注化し、提案型の営業を行うための情報システムを整備することで、全体の業務効率化にもつながりました。

 わが社は本年5月に設立70周年を迎えます。創業者が掲げた「誠実にして 正確を旨とし 社会に貢献すべし」という社是のもと、社会貢献を会社の使命として歩んでまいりました。それが今、持続可能な社会を目指す「SDGs」への取り組みへとつながっています。外国人の社員数も全体の10%を超えており、今後も増やしていく予定です。また教育面ではICTを活用した小学校のプログラミング教育にも力を入れており、地元大学とも協力して推進しています。今後も時代の変化に対応しながら、社員が前向きに仕事に取り組める環境を整えていきたいと思います。

 

出身校/長崎総合科学大学 

好きな言葉/道徳的現象なるものは存在しない。あるのはただ、現象の道徳的解釈である(ニーチェ「権力への意志」より)

健康法/ジョギング