長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

亀山電機

代表取締役社長

北口 功幸

亀山電機北口 功幸

所在地 長崎市弁天町3-16

電話 (095)864-7000

亀山電機

代表取締役社長

北口 功幸

西の果て長崎から海外を攻める

 亀山電機は「日本の西の果て、長崎から海外を攻める」を掲げ、世界のプラント・工場・オフィスが必要とする自動化に最適な技術を提供します。

 プラントや産業機械の自動化に関する制御装置の計装制御設計や、配電盤、制御盤の設計・販売を軸とした事業では設計、製作、現地調整、保守・保全までトータルサポート。ソフトウェア開発やシステム開発などを手掛ける事業では、ITソリューションのプロ集団として、お客さまのニーズに合わせたシステムを構築し、業務効率化やコストダウンに貢献します。

 2008年には県内で唯一、ドイツの電機大手シーメンスからソリューション・パートナーの認定を受けました。ノウハウを効果的に組み合わせることで計装システムの設計・製作、電気計装工事など幅広い分野で、ワンランク上のエンジニアリングを提供できるようになりました。世界的な大手メーカーと取引しており、技術力を培っています。

 20年度は創業25周年の節目。多様性を重んじた採用にも力を入れており、20年度入社予定者を含め10人を超える外国人が在籍することになります。東南アジアに現地法人の設立も計画。国外でも通用する仕事を目指しています。

 このほか、小学生対象のロボット教室で社員が講師を務めたり、大学や専門学校、高等専門学校の学生を対象にものづくりアイデアコンテストを主催するなど、地域貢献や人材育成にも注力。県内の大学や高専と連携を強化し、即戦力になるUIJターンの方々の採用にも力を入れる考えです。

 

出身校/国立佐世保工業高等専門学校 機械工学科

好きな言葉/世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る

健康法/マラソン、ゴルフ