長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

イナヅマ電気工事

代表取締役

真崎 庸一郎

イナヅマ電気工事真崎 庸一郎

所在地 長崎市西山2-2-3

電話 (095)825-2220

イナヅマ電気工事

代表取締役

真崎 庸一郎

電気工事で地域の未来を支える

 電気工事業として1972年に設立。一般住宅はもちろんマンションや大型商業施設、学校、病院、公共施設など、幅広い電気工事に対応しています。近年は白熱電球からLED電球への取り替えも進んでいますが、今後は長寿命や省電力だけではない付加価値が重要です。そうした中で弊社が開発したLED照明器具「イナヅマライト〝さわやか〟」は、光触媒SEチタンコートによって抗菌や消臭、脱臭、空気浄化ができ、さまざまな場所で活躍する次世代の照明器具となっています。現在も改良を重ね、国内だけではなく海外への展開も目指しています。

 会社としての強みは、経験豊富な人材がそろっていることです。創業時期から現場で勤務しているベテランも多く、常に新しい知識を学びながら技術を磨いてきました。そのノウハウを次の世代につなぐためにも、高等技術専門校からのインターンシップや若手採用にも力を入れています。また新しい取り組みとしては、昨年4月に「こども食堂」を会社近くに開設しました。ボランティアの方々と協力しながら第1、第3土曜の午前11時半から午後2時までオープンしていますが、これまでの利用者数は千人以上。地域の方への恩返し、また国の宝である子どもたちを応援したい気持ちで、今後も続けていく予定です。

 長崎市は駅周辺の開発が進み、おそらくあと数年は新築ラッシュが続きますが、それが落ち着いてくるとリノベーションや外装を残した内部改修の需要が高まると考えています。そうした中長期的な視野も大切に、明るく快適な住まい造りをご提供していきます。

 

好きな言葉/質実剛健

健康法/温泉めぐり