長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

瓊浦学園

理事長

栗山 幸生

瓊浦学園栗山 幸生

所在地 長崎市伊良林2-13-4

電話 (095)826-1261

瓊浦学園

理事長

栗山 幸生

「日本一」へ 生徒、教職員一丸

 「瓊浦」は「たまのうら」とも読みます。「瓊」は「美しい玉(宝石)」、「浦」は「波静かな海辺」。校名の通り、可能性を秘めた若者たちを磨き輝かせるのが本校の役割であり、特色だと考えています。

 1925(大正14)年、中村安太郎先生が長崎市桜馬場の地に瓊浦女学校を創設。49(昭和24)年に男女共学の高等学校となりました。現在、普通、情報ビジネス、機械の3科があり、全校生徒数は870人。女子生徒は一時2桁台まで減りましたが、今は243人が在籍しています。

 部活動が盛んで、昨年の県高校総合体育大会で男子バドミントンや空手道男子など4競技で優勝。

インターハイなどでも好成績を残しました。演劇、写真、美術、吹奏楽など文化系も幅広く活躍しています。2020年は「日本一」を合言葉にして、生徒と教職員がワンチームとなって努力していきたいと思っています。

 進路は5割超が就職、それ以外が大学、専門学校などへの進学。

在学中に各種資格を取得し、社会で自立して生きていける力を養っています。さまざまな業界で頑張っているOBたちのサポートもあり、就職率は毎年ほぼ100%を達成。高い評価を得ています。

 生徒たちは地域の行事にも積極的に参加し「エイサー」や「和太鼓」などを披露。地域とのつながりを大切にしています。本校は2025年に百周年を迎えます。少子化で学校経営、とりわけ私学を取り巻く環境は厳しさを増していますが、変えるべきところは変え、守るべきものは守りながら、力強く日々の歩みを進めます。

 

出身校/國學院大学

好きな言葉/先憂後楽