長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

粕谷製網

代表取締役社長

粕谷 正昭

粕谷製網粕谷 正昭

所在地 諫早市川内町485

電話 (0957)22-0373

粕谷製網

代表取締役社長

粕谷 正昭

地域ナンバー1を目指して

 諫早市川内町で漁業用資材のより糸の製造を始めてから、半世紀以上の歴史があります。現在は定置網や養殖いけす、仕切り網などを製造し、沿岸水産業界に貢献しております。

 定置網は魚が自ら網の中に入るよう作られた漁具で、大きな物では全長600メートル。設置する漁場によって種類も異なるため、漁場調査から設置後の操業指導まで行い、顧客と一体となった製造を行っております。

 養殖施設も、設置する漁場の状態や海底の地形調査をした上で設計、生産、施工まで行っており、大型いけすや海中に沈める浮沈式いけす網など独自の製品や技術でサポートしています。

 特に軽くて耐久性に優れ、さびないポリエステルの網「KIKKO

NET」は、養殖分野だけでなく、陸上分野でさまざまな用途に使用されている、まさに「夢のある製品」と考えています。2011年の東日本大震災や16年の熊本地震では防護ネットに使われたほか、鉄道や建築分野にも用途が拡大しています。

 近年、漁業制度の抜本的な見直し、養殖業界における技術の促進や資材の開発が求められる変革期にあります。そうした中で、資材を扱う当社がどのように業界に貢献できるかが重要です。

 この様な時代に求められる企業になる為に、大学など専門機関との連携や大型プロジェクトへの参入などを通じて技術力を高めると共に、独自の技術を生かした定置網や養殖施設などの製品で水産業界に貢献できる地域ナンバー1企業を目指します。

 

好きな言葉/忍耐

健康法/ウォーキング、ゴルフ