長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

日本たばこ産業

長崎支店長

生野 修之

日本たばこ産業生野 修之

所在地 長崎市恵美須町1-6

電話 (095)822-9105

日本たばこ産業

長崎支店長

生野 修之

適切に吸う場所づくりをお手伝い

 たばこを吸う人と吸わない人が共存できる社会を目指しています。

 たばこは、会話に「句読点」をつくるため、その場の緊張を解きほぐすためなど、様々に人々とのコミュニケーションを演出する道具として、昔から愛用されています。

 そのような、人々の生活に密着している嗜好品を、周囲へ配慮したうえで愉しむことができる場所を整備していく必要があると思います。

 4月から改正健康増進法が全面施行され、4月からは飲食店や事業所などで原則屋内禁煙となります。望まない受動喫煙を防止するのが法の趣旨であり、当社もそれに賛同し、喫煙場所の整備や内容理解のご協力をしていきたいです。例えば、当社には分煙に関する質問や相談に無償でアドバイスする分煙コンサルティングという活動があり、長崎にも11名常駐しておりお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 この活動は、吸う人と吸わない人の共存社会実現のためであり、分煙以外にも、新しいスタイルのたばこ製品の研究開発やマナーの取り組みも行ってます。

 新しいスタイルのたばこ製品の研究開発では、加熱式たばこのように燃やさないため、燃焼に伴う煙が発生せず、紙巻たばこに比べにおいが低減されている製品の研究開発を実施しています。この製品カテゴリーが周囲への迷惑を軽減し、共存社会の実現に資するものと期待しています。

 マナーの取り組みでは、市民参加型の清掃イベント「ひろえば街が好きになる運動」は毎年、「みなとまつり」の会場で続けています。

 

出身校/大阪市立大学法学部

好きな言葉/あきらめなければなんとかなる

健康法/ウオーキング、サイクリング