長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

リンガーハット

代表取締役社長

佐々野 諸延

リンガーハット佐々野 諸延

所在地 東京都品川区大崎1-6-1TOC大崎ビル14階(本社)

電話 (03)5745-8611(本社代表)

リンガーハット

代表取締役社長

佐々野 諸延

お客さまのニーズに応える店を

 今年の目標の一番はやはりお客さまのご来店を増やすことです。昨年は、8月に目玉商品として価格を抑えたぎょうざ定食をメニューに加え、ランチ価格を見直しました。商品数を絞り込み、メニュー表もすっきりと見やすい形にしました。次の一手として新しいメニューも検討しています。食材にこだわり、お客さまのニーズに応えられる店舗づくりをさらに進めていきたいと思っています。

 私たちの強みは商品、価格、提供時間の三つです。ちゃんぽんを提供する店でこの三つは絶対に負けないと思っています。特に厨房のシステムは何度もテストを重ね、従業員の動きに合わせたオリジナルのもので、今もなお進化中です。お客さまにいかに満足していただけるかを第一に考え、長年培ってきたノウハウをさらに継続、発展していけたらと考えています。

 そうした中、いま力を入れているのは店舗ごとにお客さまを呼び込む施策づくりです。各店舗ではパートやアルバイトを含めた全員参加の月例会を開き「お客さまのためになることは何か?」を真剣に話し合っています。調理やサービスで自分たちでできることを自分たちで考え、実践することで実際にお客さまが右肩上がりに増えている店舗もある。こうした取り組みを地道に続けていきます。

 鍛冶屋町に「長崎卓袱浜勝」を開店し半世紀が過ぎました。一昨年は東京に「長崎しっぽく浜勝銀座本店」をオープン。一周年を記念してスープや具材を厳選し、ここでしか味わえない特別な「銀ぶらちゃんぽん」も新たに加え、好評です。長崎の食のおいしさ、素晴らしさを発信していきたいですね。

 

出身校/熊本商科大学(現熊本学園大学)

好きな言葉/不撓不屈

健康法/毎朝のスクワット50~100回と時々のウォーキング