長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

やまさ海運

代表取締役社長

伊達 昌宏

やまさ海運伊達 昌宏

所在地 長崎市古町1

電話 (095)822-5002

やまさ海運

代表取締役社長

伊達 昌宏

安全運航の確立と実行第一

 今年も安全運航の確立と実行を第一に取り組んでいきます。全国では毎年のように大きな自然災害が起きています。事業継続力強化を進め、災害に強い会社になるようにするのが課題です。そのためにも海上、陸上を問わず社員の熟練度を向上させていきます。

 軍艦島クルーズは、1997年に海上から見学するクルーズを始め、2009年には上陸クルーズを、いち早く就航させました。現在、台風の影響で軍艦島には上陸ができなくなっています。復旧工事は大変なようですが、本年度内には上陸が再開できるようになると聞いています。同業者や長崎市と協力して一日も早く復旧して、観光客の皆さんに楽しんでもらえるよう努力していきます。

 長崎港を巡る復元帆船「観光丸」は2011年にハウステンボスから預かって運航してきましたが、昨年7月に正式に買い取りました。観光丸からは旧グラバー住宅やジャイアント・カンチレバークレーンなど世界遺産を海上から眺めることができます。長崎とゆかりの深い長崎海軍伝習所の練習船を復元した船であり、国内外の皆さまに喜んでいただけるような取り組みを続けていきます。

 島原港と三池港をつなぐ「三池島原ライン」は明治時代からの歴史ある航路です。九州運輸局の支援を受けて、県内の航路事業者では初めて、運航情報をグーグルマップで検索できるサービスを昨年4月に始めました。おかげでゴールデンウイークは実績が上がりました。今後も利便性の向上にむけて尽力していきます。

 これからも現場第一主義を徹底させ、充実させていきます。

 

出身校/東京商船大学

好きな言葉/臨機応変

健康法/ウオーキング