長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

西部通信工業

代表取締役

大塚 道隆

西部通信工業大塚 道隆

所在地 長崎市田中町586-3

電話 (095)839-4191

西部通信工業

代表取締役

大塚 道隆

5G運用開始  大きな変化の年に

 携帯電話のアンテナ基地局をはじめ、内線やナースコールなどの業務用電話機、コンピュータネットワーク、LAN、監視カメラといった電気通信設備工事を事業の柱としています。福岡、熊本にも支店を構え、設計から設置、設定まで一貫して行うノウハウがあります。パソコン周辺機材の提供から通信工事、電気工事、ソフト開発など、通信に関するあらゆることに対応できる小回りの良さが強み。ご依頼をいただければ、マウス一つから事業所に必要な電気通信設備をすべて揃えることができます。

 電気通信事業は変化の大きい産業です。例えば、メイン事業の一つである携帯電話のアンテナ基地局の設置事業においては、第5世代の通信システム「5G」がいよいよ2020年春から運用開始となります。順次設置工事が始まる今年以降、大きな局面を迎えるでしょう。そうした変化の波をいかにチャンスに変えるか。この課題に対してカギとなるのが「技術」と「人材」です。情報を先回りして集め、新しい技術が発表されれば積極的に学び、それに伴う電気通信設備工事の公的資格を取得する。こうした地道な取り組みから「提案営業力」の向上を図るとともに、全社員のスキルアップで社員の多能工化にも努めています。

 変革をおそれず果敢に挑み続けること。その原動力は、長きにわたり信頼を寄せてくださる地元の取引企業さまとの関係にあります。期待以上のパフォーマンスで信頼にお応えしながら、さらなる顧客拡大を目指し、これからも技術と人を磨いていきたいと思います。

 

好きな言葉/人事を尽くして天命を待つ

健康法/ウオーキング、サウナ